シトルリン 成分 副作用 

飲んで大丈夫かな??シトルリンって副作用とかないの?

 

良くも悪くも、肉体に何かしらの影響を与える成分を体内に取り入れるということは、副作用のリスクに晒されるということでもあります。

 

シトルリンは血管を拡張させ、全身の抹消に至るまで血流量を増やすといった効果をもたらしてくれるのですが、やはりそういった作用が起こるとなると、副作用の心配が出てきます。

 

特にシトルリンを摂取した場合、一酸化炭素が体内に発生するわけですから、それだけで副作用の心配をするのは当然。
ここでは、シトルリンの副作用について紹介します。

 

シトルリンの副作用は大丈夫?

 

シトルリンは、万能な成分と高い評価を受けている成分です。
筋肉増強や疲労回復、更にアンチエイジングや精力増強に至るまで、さまざまな効果が期待出来る成分だからです。

 

これだけの作用が期待できるのであれば、当然に副作用のリスクがあるのは当然です。
まず、シトルリンの摂取に気をつけるべき人。
血管が拡張することで、血圧が下がってしまう可能性があるため、降圧剤などを服用している治療中の方にはオススメ出来ません。

 

そしてシトルリン血症と呼ばれる疾患も存在しています。
この病気にかかっている方がシトルリンを摂取した場合には、精神障害をきたしたり、硬直や昏睡状態になる。
また、肝不全や痙攣といった副作用が出てきますので、自分が該当していないかどうかをチェックしておきましょう。

 

一般的に報告されている副作用

 

一般的に報告されているシトルリンの副作用としては、頭痛、目の充血や鼻づまりといったものが報告されています。
頭痛に関しては、一気に大量摂取をすることで起こりえると報告されている副作用になります。

 

血流促進効果が起こることは、シトルリン摂取で報告されているアンチエイジンなどの良い効果も期待できますが、効果が良すぎてしまった場合、頭部の血管が拡張しすぎ、血流量が増加。
脳が圧迫されて頭痛が起こるといったメカニズムになります。

 

充血や鼻づまりに関しても、目の周辺な鼻の周辺に存在している毛細血管が拡張してしまうことで、血流量が急増してしまい、それぞれの器官を圧迫してしまい、それぞれの症状を引き起こすと言われています。

 

まとめ

 

シトルリン摂取によって起こる副作用は、降圧剤を使っていたり、シトルリン血症などの疾患を抱えている方の場合には、重篤な副作用が起こる可能性がある。

 

でも一般的に報告されている過剰摂取による副作用は、頭痛や目の充血、鼻づまりといった軽度なものであり、容量を守れば問題ない程度のものばかりです。